大雨の2次災害を警戒する神田成二さん。

もう秋ですね。
今年は夏にほとんど台風やら雨やらは降りませんでしたが、最近はよく雨降りますね。

台風も来ていたようですが、関東に届く前に熱帯低気圧に変わってしまいましたね。
神田成二さんは、この気候の変化が気になっているようです。
毎年の夏は、台風の速報が流れていましたが、現在ではほとんどニュースになることもありません。

その代りに、ゲリラ豪雨や竜巻発生のニュースの方が今年は多かったように思います。
神田成二さんもそう感じた一人で、天気のニュースには気を付けていたそうです。
彼の実家が竜巻の発生した地域の近くにあり、気になっていたのも理由の一部でしょう。

さらに今年は、去年から続いて夏の水不足が起きました。
関東では、東京を中心とした利根川水系で発生し、人工降雨機を使用するに至りました。
秋になってからは、局所的な大雨を含めても広い地域で雨が降っています。
土砂災害や、河川の増水に注意する必要があると神田成二さんは考えているようです。